楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

音楽でプロを目指している方は日本には沢山いらっしゃいます。そこでいつでも練習が出来るようにと言うことで、楽器可の賃貸住宅を借りようと考えている方も多いのではない可と思います。それでも「具体的にどのような楽器までなら大丈夫なのか」に関しては割と書かれていないので心配になってしまうこともあると思います。

基本的にこの楽器可物件は音楽大学の学生を元々は対象としたものです。その為「ピアノを持ち込むこと」を前提としたつくりになっております。その為(グランドピアノは部屋の大きさ的に難しいと思いますが)アップライトのピアノ程度ならばまず大丈夫と思っても問題はありません。

しかし、その他の楽器に関しては十分に注意をしなければなりません。特に派手な音ではないが周囲に強く響く打楽器や、爆音を出すことが可能なエレキギターなどの楽器の場合はまず大家さんに確認を行ったり、近隣の住民に「この大きさで大丈夫か」と聞いておくことをお勧めしておきます。最後に覚えていてほしいことなのですが、楽器可物件はスタジオではありません。その為「どのような楽器でどのような演奏をしても大丈夫」とは考えずに、十分に周囲と話を行うことをお勧めいたします。

関連リンク

Copyright (C)2014楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について.All rights reserved.